ネットにコメントも、Facebookは苦手なので気ままに掲示板

16694
好きになったリンク先やHPについてのことなど、時々書いたりもしてますが、当方とは損得関係など一切関係ありません。

興味が薄れてきた世界遺産、「猫も杓子も」にか? - 素人管理人

2018/07/03 (Tue) 10:45:49

世界遺産というのを初めて知ったのは、93年に日本のが認定されてからだった。
若いとき関西に居たこともあり、姫路城や法隆寺は認定前から行ったこともあった。
だからかもだが、認定のときも『おおっー、姫路城はそうだよな』と思ったりもだった。
自然遺産の屋久島や白神山地のことは知らなかったが、報道特集など見たりもだった。
そして『ほぉー、いつか行ってみたいな』と思ったりもだった。

その後に京都や奈良の文化財、厳島神社や原爆ドーム、白川郷なども認定されたりだった。
90年代に登録された日本の世界遺産、該当地だけでなく全国の誰もが喜んだかもである。
それが2000年に入ってからは、なんとなく様子も変わったような気がする。
猫も杓子ものようになっていき、経済効果に期待の申請願望、そのように写ったりも。
別にユネスコが具体的な支援をしてくるわけじゃないが、「世界遺産」の看板目当てというのか。
その看板の保全や修復など、財政圧迫が影を潜めたりかもしれない。

今回の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」、ご当地はおめでとうございます。
ただ、個人的には「明治産業・・」のときと同じで、ほとんど興味ないのが心情ですね。
対象になるのがない地域だからか、元来から地域差による感覚の違いもだろうか。
この登録申請案が浮上した頃から、まったく話題になることもなかった。
別にキリスト教がどうのとか、教会がどうのということじゃないですけどね。

今回の遺産地域が古くからの歴史が浸透してるよう、我地域では佐賀藩の管轄だった風潮が残る。
佐賀藩の民俗芸能である浮立、今でも盛んに行われてるが、長崎市や五島、南島原の人はピンとこないだろう。
それと似たようなものであり、今回の遺産認定にも、こちら側からは関心がない。
空港がある隣町、昔は「大村藩」でキリシタン大名いたとこ、ここはまた違った感覚かもしれない。
『大村抜きでは語られないだろ』と、そう思う人もかもしれない。

「明治産業・・」みたいに広範囲ではないにしろ、今回のも散らばってる群衆である。
この点も、姫路城や厳島神社、原爆ドームと違い、一点のインパクトとして興味がない。
世界遺産関連ので検索してましたら、「世界遺産 理想と現実がかい離する理由」としてのコメントも。
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/10/1004.html
富岡製紙場のことを書かれているが、似たり寄ったりが多いのじゃなかろうか。

京都や奈良の文化財、姫路城や厳島神社、これらが世界遺産に登録されてなかったとしても・・
インパクトがある重要な文化財であり、多くの人が訪れたりでしょう。
それに比べると最近のって、どうも「猫も杓子も」のような印象しか残らない。

Re: 日本人じゃない人に県民栄誉称号とは・・ - 素人管理人

2018/07/04 (Wed) 07:33:02

バーレーンから帰国と思いきや、県知事と長崎市長はロンドンにのようだ。
今朝の新聞記事、ロンドンでイシグロ氏に県民栄誉賞をと。
県議会で承認された上でのことだろし、その県議会も県民の投票で選んだ県議だから仕方ないかもだが・・

『県民どころか、日本人でもないの何でだろ』、そんな印象しかない。
長崎市で産まれて五歳までいたから、それだけだろう。

完全に日本語も忘れてる?
いや、片言には覚えてるかもだろし、ホントに今でも「ナガサキ」をならば、言葉のひとつくらい言えるだろう。
イギリス人になってる日本出身者、それだけのことだろう・・。

長崎市民栄誉賞なら長崎市がやるとこだし、個人的には興味ない。
「ナガサキ」は今でも心にと彼は言ったりだが、「サセボ」、「イサハヤ」、「オオムラ」、「イキ」、「ツシマ」なんて無いだろう。
そんなイギリス人に「県民」となると、いかがなものか・・
長崎市民栄誉賞だけでいいでしょう。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.